こんにちは。ミミコです。

ママ
うちの子、甘いゼリー飲料しか飲みません。
お茶や水は泣いて嫌がります。
このままでいいのかな…
発達障害では感覚の過敏があって、味に敏感な場合が多いです。
また、水は飲まないけど、お茶なら飲む。
お茶も種類やメーカー、温度、体調などによって飲んだり飲まなかったり。
どんなに喉が渇いていても飲まないこともあります。
嚥下障害があり、少しづつしか飲めない場合、頑張って飲ませても水分が足らないこともあります。
そんな時、甘い飲み物だと飲んでくれる場合が多いので、ついつい甘い飲料に頼ってしまします。
水分不足は脱水や便秘を引き起こすので、絶対避けたいです。
でも「虫歯」的には、甘い飲み物での水分補給は避けたいのです。
甘い飲み物しか飲めない子どもたちでも大丈夫!
今から、水、お茶に挑戦しよう!
(できるだけでいいからね♡)

ミミコ
この記事は、甘い飲み物で水分を取った場合の虫歯の危険性と、水やお茶への移行の仕方について解説します。

子どもは大人よりも水分が必要

子どもは大人の約2倍の水分が必要です。
別の記事に詳しく書きました。

甘い飲み物を避けたい理由

ジュースは大人が思っているよりもずっと砂糖が多く含まれています。

  • サイダー(250ml)…角砂糖6.5個
  • 缶コーヒー(250ml)…角砂糖6.5個
  • コカコーラ(250ml)…角砂糖7.5個
  • イオン飲料(250ml)…角砂糖5個

    砂糖を取りすぎるとキレやすい性格になる、と言われていますが、そこはよくわかりません。

    少なくとも、砂糖を取りすぎると以下の危険性があります。

    • 糖尿病の危険性
    • 虫歯の危険性

      ベビー用イオン飲料ならいいの?

      ベビー飲料の原材料表記を見てください。

      • 砂糖
      • 果糖
      • ブドウ糖

      こんな表記がされています。
      これらは糖分ですからね。
      量や頻度にもよりますが、糖尿病や虫歯に進行することもあります。

      ミミコ
      ベビー飲料は、発熱、下痢、嘔吐などの時、一時的に飲むのはOKです!
      症状がない時は、水やお茶を飲ませたいですね!

      子どもは大人よりも虫歯になりやすい

      どうして虫歯になるの?

      食物を食べるたびに、歯は「脱灰(歯が溶ける)」と「再石灰化(溶けた歯の成分が再び歯に取り込まれる)」を繰り返してます。

      「脱灰>再石灰化」の状態になると、虫歯になります。

       

      食物摂取と歯の脱灰・再石灰化
      1. 食物を食べる
      2. 食物の残りカスが歯にくっつく
      3. 残りカスの中にある糖分を口の中の虫歯菌(ミュータンス菌など)が分解し、酸をつくる
      4. この酸が歯を溶かす(脱灰)
      5. 唾液が酸を中和し、歯の表面が再石灰化され、元の状態に戻る

         

        食事をするたびに口の中は酸性になり、歯の成分が溶け出します。

        しかし、唾液の作用により約40分間でpHは元に戻り、歯の成分も元に戻ります(再石灰化)。

        度々の食事やジュースでの水分摂取では、口の中も度々酸性に傾き、虫歯になりやすいのです。

         

        1日3食+夜食 口の中の酸性

        1日3食+夜食の場合の口の中

         

        頻回の食事で酸性に傾く時間が増える

        頻回の食事やジュース摂取での口の中

         

        子ども(特に嚥下障害がある子)が虫歯になりやすい理由

        砂糖入り飲料を常飲している子どもでは、以下の理由で虫歯になりやすいです。

        • 誤嚥を防ぐために、トロミやゼリー飲料を利用する
        • トロミやゼリー飲料は口の中や歯の表面にくっつきやすく残りやすい
        • 固形物の砂糖に比べて、砂糖入り飲料は口の中の隅々までいきわたり、残る
        • 子どもは胃が小さいので、少しづつ頻回に水分をとる
        • 特に嚥下障害がある子どもは、誤嚥を防ぐために少しづつ頻回に水分をとる
        • 歯磨きの仕上げのブクブクうがいができず、砂糖や食物残渣が残りやすい

         

          乳歯は永久歯に生え変わるから、虫歯になってもいい?

          乳歯が生え終わるのはだいたい3歳くらいです。

          乳歯の抜ける前から、永久歯は乳歯の下で育ち始めています。

          乳歯が虫歯だと、永久歯が正しい位置に成長できないので、歯並びが悪くなることがあります。

          また、乳歯が虫歯になる生活習慣ということは、永久歯も虫歯になりやすいということです。

          だから、乳歯も虫歯にならないように気を付けたいのです。

          砂糖入り飲料をやめるには?

          パパ
          うちの子、2才、首が座らずムセるので、りんごゼリー飲料を飲んでます。
          水やお茶は泣いて飲まないか、飲みが少ない。
          どうすればいい?

          ①砂糖入り飲料を水やお茶に変えてみる

          甘味がないから飲まないとは限りません。

          お茶やトロミの味や食感が苦手なのかもしれません。

          以下のバリエーションを試してみると良いかもしれません。

          • お茶の種類
          • お茶の温度
          • トロミの種類
          • トロミの粘度

          ②水やお茶に、砂糖や代用甘味料(人工甘味料)を入れてみる

          甘味を求めているならば、砂糖水や甘味をつけたお茶を試してみましょう。

          甘みも色々あります。

          砂糖にしても、上白糖、きび砂糖、黒糖、てんさい糖などがあります。

          代用甘味料も、オリゴ糖、麦芽糖などがあります。

          それぞれ味が違い好みも違いますよね。

          私はきび砂糖を使っています!
          砂糖水や甘味のあるお茶を飲めたら、あとは半年~1年かけて、甘味を薄めていきます。
          子どもの口の中は敏感なので、急激に薄めてもうまくいかないかもしれません。
          あせらないで、ゆっくりと。
          水やお茶に甘みをつける場合は、砂糖ではなく虫歯になりにくい代用甘味料を使います。

          ③砂糖入り飲料を薄めてみる

          砂糖入り飲料を時間をかけて、水で薄めていきます。

          これも半年~1年かけて、ゆっくり薄めていきます。

          砂糖を完全にゼロにできなくても、2倍や3倍に薄められたら、それだけでも虫歯になりにくいです。

          歯磨きも大切

          口の中に過敏がある子どもは、口腔ケアや歯科治療も大変です。

          本人だけでなく、付き添う親や医療職も大変です。

          だからなおさら、「虫歯にしない」ようにしたいですね。

          顔や口周囲、口の中に過敏がある場合は、少しづつマッサージすると、過敏を少なくできます。

          また、フッ素入り歯磨きペーストは、フッ素が入っていないペーストと比べると、20~40%の虫歯の発生を抑制します。

          欧米ではほとんどの国でフッ素入りペーストのシェアが90%を越えています。

          フッ素については別の記事で説明します。

          ミミコ
          そうは言っても親の時間は限られていて、何から何まで全てはできないもんです。
          ストレスがたまらない範囲でやりましょ!

          まとめ

            • ジュースは砂糖が大量に含まれている
            • 嚥下障害がある場合のトロミやゼリー飲料は、口の中に残りやすく虫歯になりやすい
            • 幼児や嚥下障害がある子どもは少量を度々飲むため、口の中の酸性状態が続き虫歯になりやすい
            • 半年~1年かけて、甘い飲料を薄めて慣れさせる

             

            参考文献
            1)歯科医療について(その2);厚生労働省, https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000107389.pdf
            2)甘味料;wikipedia, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%98%E5%91%B3%E6%96%99
            3)歯の健康;厚生労働省, https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b6.html

             

            おすすめの記事