こんにちは。ミミコです。

ママからの相談でよくあるものの一つに、歯ぎしりがあります。

ママ
赤ちゃんなのに歯ぎしり?
どうして?
歯がすり減らないかしら…

赤ちゃんの時、上下の前歯が生え始めると歯ぎしりをすることがあります。
多くの場合、乳児期の歯ぎしりは自然になくなるので、気にしすぎずに見守りましょう(…と歯医者さんが言ってました❤)。

しりや噛みしめのことを専門用語で ”ブラキシズム” といいます。

ミミコ
この記事は、歯科医師のアドバイスや文献を参考に、ブラキシズムについて解説しています

5人に1人は歯ぎしりをする

11歳以下の子供で14 ~20% 、8~29歳の成人で13%、60歳以上の老人では3%で、成人全体の平均は8%の人がブラキシズムがあります。
年を重ねるとブラキシズムは減っています。高齢者では歯の本数が減ることもブラキシズムが少なくなる要因です。

ミミコ
子どもの歯ぎしり、意外と多いと思いませんか?
5人に1人なんて、もはや珍しくはありません

大人と子どもでは歯ぎしりの原因が違う

大人の歯ぎしりは、ストレスや体の不調として捉えられることが多いですが、子どもの場合は成長過程での自然な現象であることが殆どです。

大人
原因ははっきり解明されていないが以下との関係が指摘されている
ストレスや睡眠
●逆流性食道炎
●睡眠時無呼吸症候群
●姿勢の悪さや上顎骨のズレ
●集中や緊張
●癖になっている
子ども
乳児
●発育の過程で一時的にみられる
●かみ合わせや顎の動かし方を確認している

幼児
●睡眠中に体を動かすのと同じように顎を動かしていている
●心配事がある
●癖になっている

子どもに歯ぎしりが多い理由

どうやら歯ぎしりは、口の中の発達に一役かっているようです。
歯の生え変わりや噛み合わせの時期ごとに、歯ぎしりでコンディションを整えています。
逆に言うと、永久歯になるとコンディションを整える必要がなくなってくるので、一般的に歯ぎしりは減ってきます。

乳歯が生えてくる時期
生後6ヶ月:下の前歯が生えてくる
3歳:乳歯が生えそろう

この時期は、生えてきたばかりの乳歯をギシギシと嚙合わせることで、歯を使う練習をしています
生え変わりの時期
6歳:乳歯が抜けて永久歯が出てきます
9歳
:前歯の4本と奥歯の6歳臼歯がうまく噛み合うようになる
12歳:乳歯から永久歯に生えかわる。親知らず以外の永久歯が生えそろう

生え変わりの時期は、歯と歯の間に隙間ができて噛み合わせが悪くなるので、歯ぎしりをすることでバランスを調節します

ミミコ
歯医者さんも「乳歯のうちは歯ぎしりしても大丈夫」と言っていました

歯科で相談した方がいい場合

ママ
心配しすぎるな、と言われても心配なんだよな~

そうでしょうとも。そんな時は歯医者さんで相談して、白黒ハッキリつけて、スッキリしましょう!
歯医者さんに相談した方がいいい場合もあるので、ここら辺の見極めは難しいですもんね。

 詰め物がはずれやすい
 歯がすり減ってきた
 極度の歯ぎしり(噛み合わせの問題や顎に影響が出る場合も)
 日常的な癖に移行しそう

歯ぎしりについて まとめ

子どもの歯ぎしりは5人に1人と意外と多く、しかも口の成長に役立っています。気にしすぎず見守りましょう。
それでもやっぱり気になる場合は、歯医者さんに相談しましょう。

参考文献
1)小児期に多く認 められるブラキシズム;宮脇正一,顎機能誌 20,13:16-20
2)子どもの歯Q&A;チャイルドヘルス Vol. 7, No. 6, 42(454)
3)ブラキシズム(第2版);牛島隆 他, 医歯薬出版株式会社
4)ブラキシズムの心理的要因の研究;廣瀬俊司 他, 心身医2015, Vol. 55 No. 7
おすすめの記事