こんにちは。ミミコです。

吃音シリーズ4回目です。

 

ママ
うちの子、どもる時があるんだけど、病院に行った方がいいのかな?
それとも他に相談窓口があるのかな?
どもっているのに気がつくと、このまま様子を見た方がいいのかな?受診した方がいいのかな?と迷いますね。
全然気にならないならば、様子をみてもいいかもです。
でも、気になるならば、いっそのこと早めにどこかに相談した方がいいと思います。
親が正しい知識をもつことで、理想に近い環境にしてあげられるからです。
相談を受け付けているのは、医療、教育、福祉に関わる機関です。

ミミコ
この記事は、吃音の相談窓口について解説します

子どもの吃音に対応するのは?病院?

相談窓口として以下の機関が挙げられますが、対応していない場合もあります。

どこに相談するにせよ、一度電話で問い合わせることをオススメします。

問い合わせ先で、吃音に対応していなくても、対応している機関を紹介してもらうようにしましょう。

  • 療育センター・発達支援センター
  • 総合病院の発達外来
  • 言語聴覚士がいる病院やクリニック
  • 小児科
  • 耳鼻科
  • 保健センター
  • 市町村役場
  • 児童相談所
  • 小・中学校の通級指導教室(ことばの教室)
  • セルフヘルプグループ

初めての場所では、子どもは緊張して話せないものです。

出向いて相談する時には、吃音症状が出ているときの動画を準備しておくと、症状が伝わりやすくて良いと思います。

疑問点なども、あらかじめメモっておくといいですね。

通級(通級指導教室)って何?

小・中学校には、通常級に在籍しながら週に数時間(通級によって違う)マンツーマンで、特別な指導が受けられる教室を設置しています。

全ての小中学校に設置されている訳ではないので、在籍する学校に通級が設置されているか否かで、通う方法が異なります。

他校の通級を利用する時は、親の送迎が必要な場合があります。

また、「曜日固定で丸1日」や「週に2時間」など通級によって、対応は違います。

「ことばの教室」と呼ばれていることもあります。

通級のしくみ

通級のしくみ

 

言葉に困り事がある子どもだけが通級に通う訳ではありません。

次のような子どもたちも通っています。
≪文部科学省;特別支援学級及び通級指導に関する規定
≪文部科学省;通級による指導のガイドの作成に関する検討会議資料

  • 自閉傾向がある
  • 情緒に困難がある
  • 視覚や聴覚に不自由がある
  • 学習に困難がある
  • 注意の困難さや多動がある

ミミコ
子どもたちは、通級で教わったことをお友達との関わりに活かしたり、親には言いにくい悩みを相談したりします。
子どもにとっても、親以外に相談する相手がいることは安心につながります。

通級を利用するにはどうすればいいか?

小学校入学前だと、親が学区の小学校に相談するケースが多いです。

ママ
小学校に電話したら、先生方もよく分からないみたいだったよ。
よけいに不安なんだけど…

ぶっちゃけ、対応は学校によりマチマチ。通級学級の授業も先生によりマチマチです。

子どもやママが期待するような対応は得られないことも(もちろん、教師だけが努力するものではないです。教育は、子ども・親・教師がお互い協力してつくりあげるもの)。

また、たまたま今までに通級を利用する生徒がおらず、先生に知識がないだけかもしれません。親からの相談をきっかけに、ガッツで動く先生もいます。

だから尚更、早めに学校に電話したり出向くなりして、学校や先生の考え方を知っておくのがベター。

学校に連絡する前に、発達支援センター(療育センターという場合も)などに相談してもいいかもです。

ママ友から、情報通のママを紹介してもらうってのもアリです。

学校に在籍してる子の場合、学年途中で担任や保健室の先生に勧められることもあります。

吃音がある人たちの団体

全国言友会連絡協議会は、吃音がある人たちのセルフヘルプグループ(自助団体)で、日本最大です。
特定非営利活動法人 国言友会連絡協議会

各都道府県に支部があります。支部ごとに方向性は様々ですが、いずれも「吃音と向き合いながら豊かに生きる」ことを目標に掲げています。

勉強会や親睦会などを通じて、お互いの体験の分かち合いや、吃音の情報交換などをしています。同じ悩みをもつ人達との交流は、Webでは入手できない生きた情報を得ることができます。

 

ミミコ
個人的はセルフヘルプグループで話を聞くのは、めちゃオススメです。
当事者の方々(吃音がある本人やその親)が、体験談や対処方法などを詳しく説明してくれます。
地元の生きた情報なので、そこでしか手に入りません。
ぜひ、地元の言友会に連絡とってみてください!

ミミコ
私も、地元の言友会の方々に話を伺って、めちゃくちゃ勉強になりました。
これからも聞きたいことがあれば、連絡しようと思っています!

 

まとめ

    • 早めに相談する
    • 総合病院の発達外来や保健センターなどがあるが、まずは電話で問い合わせる
    • 小・中学校には通常学級に在籍しながら、通級を利用する方法もある
    • セルフヘルプグループは当事者からの生きた情報が手に入る

     

    参考文献
    1)NPO法人 全国言友会連絡協議会HP;https://zengenren.org/
    2)一般社団法人 日本言語聴覚士協会HP;https://www.japanslht.or.jp/
    3)文部科学省 特別支援学級及び通級指導に関する規定;http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/054/shiryo/attach/1285860.htm
    4)文部科学省 通級による指導のガイドの作成に関する検討会議資料;http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/03/06/1414032_09.pdf
    5)吃音をもつ入への指導 ・支援の実態 と要望に関する調査;小林宏明, コミュニケーション障害学, 2004
    おすすめの記事